先日、ルームクリーニングやルームコーティング施工についてご紹介しました、ポルシェ、カレラターボですが、車内への施工だけでなく、外装ボディへの施工も承っておりました。
今日はその、外装ボディへの施工の一部をご紹介させて頂きます!ポルシェ 911(993)カレラターボ ラッピング施工、張り替え。↑これが何だか、お分かりになりますか!?
…部位はリアフェンダーなのですが、フェンダーのフチに沿って、白く濁っている部分がありますよね。
実はこれ、プロテクションフィルム(ラッピングシート)なのです。
ボディの、キズが気になる部分や、キズが付きやすい部分を保護する意味で、ボディに貼り付ける、通常は透明の、伸縮性のあるフィルムなのですが…
経年劣化でこのように、白く濁ってしまったようなのです。ポルシェ 911(993)カレラターボ ラッピング施工。そしてこちらは、古くなったフィルムを剥がした様子!…ではありません!
すごく見えにくいと思うのですが、古いフィルムを剥がし、ボディをクリーニングや研磨し、新たにフィルムを貼り付けた状態なのです!
写真ではフィルムの存在は全くと言ってよいほど分からない、見えないかと思いますが、元々貼られていたフィルムをほぼ同じ位置に、同じ形でフィルムを貼りつけました。

 

今回はリアフェンダーでしたが、例えばヘッドライトレンズや、フロントバンパー全体、時にはボンネット全体への施工ご依頼を頂く事もあります。
透明で自在に伸びる素材で、しかも剥がした痕はほぼ残りませんから、基本的には外装パーツどの位置にも貼り付ける事が出来ます。
内装パーツも、ファブリック以外ならば貼り付け可能です。
キズが付いやすいけれど、どうにかして防ぎたい!
既にキズが有るけれど、これ以上キズを増やしたくない!
…なんて箇所に、プロテクションフィルムの貼り付けをいかがでしょうか!?