〒125-0052
東京都葛飾区柴又4-35-2
代車(無料)・セキュリティ完備

TEL : 03-3650-8004

受付 : 10:00〜20:00
定休 : 日曜日・祝日
ヘッドライト補修

ヘッドライト補修

headlight repair


従来のコート剤より10倍の厚みで、耐久年数が飛躍的に向上

自動車のヘッドライトレンズの材質が、ガラスからアクリル系樹脂に変わったことで、樹脂表面にハードコート処理(紫外線硬化タイプ)がされています。

この表層コートが紫外線や熱などの影響により劣化が進み、黄ばみや白濁の現象を起こします。この黄ばみや白濁は、車の外観を損なうだけでなく、ヘッドランプの明るさを妨げる原因にもなっています。ヘッドライトユニットを交換した場合、3〜10万円以上の費用がかかってしまうため、早めのヘッドライト補修をおすすめします。

従来ヘッドライト補修の方法は、劣化した表層コートを研磨し、コンパウンドでクリアーに仕上げ、そこにガラスコーティングをトップコートとして塗布する、というものでした。しかし、ガラスコーティング剤は樹脂に対して定着がしづらく、約6ヶ月で効果が薄れてきてしまいます。 また、トップコートにガラスコーティング剤を使用する以外にも、ボディ用のクリアー塗料も使用する方法もありますが、硬化までに時間がかかり、ほこりなどが付着してしまうのが難点でした。

当店のトップコートは紫外線硬化タイプの為、従来のコーティング剤に比べて飛躍的に耐久性が高いのが特徴です。耐久年数は2~4年(使用環境により異なる)となっています。

また、一般的なガラスコーティング剤のコーティング層の皮膜は、5μ(0.005mm)程度ですが、マジックジャパンのトップコートは、10倍の50μ(0.05mm)と厚いのも特徴です。
ヘッドライト補修 施工

ヘッドライト補修施工費用
国産車  片側 15,000円~ / 両側 25,000円~
輸入車  片側 25,000円~ / 両側 45,000円~

ヘッドライト補修関連ブログ記事へ  >